授乳ストラップの使い方&100均グッズで簡単に手作りできるよ!

The following two tabs change content below.
助産師&母乳育児支援者&一児の母。 「ちょっとの勉強で、妊娠・出産・母乳・育児はもっとラクチンできる」「『母乳だけ』も混合栄養も全部母乳育児」という思いで、科学的な視点+リアル感覚の両方から周産期のことを解説しています。

今回は助産師の私がオススメする、授乳する時にあるとちょっと便利な「授乳ストラップ」のご紹介です。

100均の細くて長いヘアゴムでも簡単に自作できますよ

「え…?ただのゴム紐じゃ…?」と言われそうですが、あなどるなかれ♪

授乳する時にお母さんの洋服が赤ちゃんの顔にかかって「邪魔!」となることがよくあるんです。

⇧こんな風に洋服が掛かって赤ちゃんの口元が見えないと授乳しにくい。

出産直後はそれでなくても不慣れな授乳で大変なので、ゴム紐を1つ首からぶら下げておくと授乳に集中できるのでおすすめです。

授乳ストラップの使い方

とっても簡単です♪

首にかけたストラップを服の下に通して、もう一度首にかけるだけ!!

動画↓↓をご覧いただくと、よくわかると思います。

私自身も生後12ヶ月頃までは、朝から晩まで毎日首からストラップを下げていました。ずっと超頻回授乳だったので…

頻回授乳!立ったまま授乳!布団でまったく寝てくれない!ミルク拒否!【壮絶母乳育児経験談】

2018年3月14日

100均のヘアゴムでも代用できます!

授乳専用のストラップの方が見た目は良いですが、100均のごくごく普通のヘアゴムでも大丈夫です。

こんな感じ⇩のゴム、100均に売ってますよね?

体型やお好みにもよりますが、1mくらいの長さのゴムを結んで輪にするだけ!

30秒もあれば完成します♪

⇧こんな感じに結びます。もうちょっと太いゴムがおすすめ。

画像のヘアゴムはちょっと細いので、もっと太いゴムを選ぶとゴムが伸びにくいし、首への負担も少なくていいですよ。

使い方は先ほどの動画の説明と一緒です。

まとめ

授乳ストラップの使い方と、100均のヘアゴムで自作する方法のご紹介でした。

私を含め、私の周りの出産した助産師は、授乳服は購入せず「ゴム紐1つ」でしのいでいる人が多いです。

授乳をしやすくするには、ブラ選び・インナー選びも重要なので、こちら⇩の記事も参考にしてくださいね。

産後用パジャマは必要なし!フラップタイプインナーで代用すると授乳しやすくておすすめ

2019年2月15日